東大和市での遺品整理相場 - よく知るべきポイントと注意事項

query_builder 2024/04/02 東大和 遺品整理 清掃 東京
遺品整理を行おうと思ったとき、まず気になるのがその相場です。特に依頼しやすいと評判の東大和市でどれくらいが適正価格なのかについて明確に解説します。また、遺品整理をスムーズに行うためのアドバイスや注意点も一緒にお伝えしていきますよ。
エコマッスル
エコマッスル
お客様の代わりに不用品やゴミの処理を行い、快適ですっきりとした空間に整えます。拠点を東大和にした業務では、遺品整理や引越しに伴う大規模な片付けにも対応し、安心できるサービス提供を目指しております。
エコマッスル
住所:

〒207-0021

東京都東大和市立野2-15-1

電話番号:
0120-236-259

遺品整理の基本的な理解

遺品整理は大切な人が残された物を時間と共に整理している行為です。ここではそんな遺品整理について基本的な知識を深めていきましょう。

遺品整理とは

遺品整理とは、故人が残された家や不動産の中にある遺品を分別し、整理し、適切な処分を行う行為です。遺品整理には遺品の種類や量によって、作業内容や時間が異なる場合があります。

遺品整理は、故人の残した遺品を適切に管理することを目的としています。大切な人が亡くなると、その遺品は思い出の詰まったアイテムや大切な財産となります。遺品整理は、故人の尊厳を保つことが重要とされており、敬意を持って行われるべきです。

遺品整理では、まず遺品を分別します。遺品は整理の対象となるもの、処分するもの、保存するものに分けられます。整理の対象となるものは、遺族が保管したいものや故人の思い出として残しておきたいものです。処分するものは、使用しないものや価値のないものを指します。保存するものは、貴重な品物や家族にとっての宝物となるものです。

遺品整理では、分別した遺品を適切に整理します。整理とは、整理された遺品を適切な場所に配置することを指します。例えば、衣類はクローゼットに、書類はファイルに整理するなど、遺品の種類に応じて整理方法が異なります。

そして遺品整理の最後のステップは、適切な処分です。適切な処分とは、不要な遺品を遺族の希望や法的なルールに従って処分することを指します。例えば、寄付・販売・廃棄などの方法がありますが、それぞれの方法にはルールや手続きがあります。

遺品整理は、故人の遺した思い出や財産を尊重する大切な作業です。適切な遺品整理を行うことで、遺族の気持ちを整理するだけでなく、次の生活に移行しやすくする役割も果たします。東大和市での遺品整理の相場を把握し、適正な価格で遺品整理を行うことが重要です。

遺品整理が必要な理由

遺品整理が必要とされる理由はいくつかあります。まず一つ目は、故人の遺意を尊重するためです。故人が亡くなった後、残された遺品はその人の生前の思い出や意志が詰まっています。遺品整理を適切に行うことで、故人の遺志を最大限に尊重し、その人の生前の尊厳を守ることができます。

二つ目の理由は、遺品を適切に管理・処分することで次の生活に移りやすくなるからです。故人が残した遺品を整理して整理し、不要なものを処分することで、遺族はよりスッキリとした生活を送ることができます。遺品が整理されていないと、故人の思い出に対する感情が過剰になったり、生活が不便になったりすることもあります。

また、遺品整理を行うことでスペースの有効活用ができます。故人が亡くなった家や不動産は、遺品が残されたままでは有効に活用することができません。遺品整理をすることで、空間を有効に活用することができます。例えば、遺品整理によって空いたスペースを新たな使い方に活用したり、不要な家具や物品を処分することで、スッキリとした空間を作ることができます。

さらに、遺品整理を行うことで価値のある品物を適切に保管・活用することもできます。故人の遺品の中には、家族にとっての宝物や貴重な品物が含まれていることもあります。遺品整理をする際には、価値のある品物を見極めて保管したり、必要な場合には販売や寄付を検討することが重要です。適切な遺品整理を行うことで、大切な品物を守りながらも効果的に活用することができます。

以上のように、遺品整理は故人の遺志を尊重し、次の生活に移りやすくするために必要な作業です。遺品整理の相場を把握し、適正な価格で遺品整理を行うことが東大和市での遺品整理のポイントです。

東大和市での遺品整理相場について

地域によって遺品整理の相場は大きく変わるもの。ここでは比較的参考にしやすい東大和市での相場について見てみましょう。

東大和市の遺品整理の相場

東大和市での遺品整理の相場は、依頼する業者や遺品の種類と量、作業時間などによって異なります。具体的な価格を出すためには、まず業者が現場を確認することが多いです。

東大和市での遺品整理の相場を知ることは、不適切な料金を請求する業者から自分自身を守るためにも重要です。遺品整理の業者には料金体系やサービスの内容に違いがあるため、比較する際には注意が必要です。

一般的に言える相場の目安としては、遺品整理の場合、作業の内容や規模によって幅広い料金帯が存在します。小規模な遺品整理の場合、数万円から数十万円程度が相場となることが多いです。一方、大規模な遺品整理や複雑な作業が必要な場合は、数十万円以上かかることもあります。

ただし、相場の範囲はあくまで目安であり、具体的な料金は現場の状況によって異なる場合があります。遺品の種類や量、作業の難易度などを考慮し、業者との事前の打ち合わせや見積もりを行うことで、より具体的な価格を把握することができます。

東大和市での遺品整理を依頼する際には、相場を知るだけでなく、業者の信頼性や対応力も確認することが重要です。口コミやレビューなどを参考にしながら、信頼できる業者を選ぶことで、遺品整理を安心して依頼することができます。適正な価格で遺品整理を行い、東大和市での遺品整理をスムーズに進めましょう。

相場を知ることの重要性

遺品整理を依頼する際には、相場を知ることが重要です。なぜなら、相場を知ることで不適切な料金を請求する業者から自分自身を守ることができるからです。相場を知ることで、適正な価格設定に基づいて業者を選ぶことができます。

また、相場を知ることで、異なる業者のサービス内容や料金体系を比較することができます。業者によって提供されるサービスの内容や質は異なる場合があります。相場を知ることで、料金だけでなく、提供されるサービスや対応力、信頼性なども考慮して選ぶことができます。

さらに、相場を知ることで自身の予算や要望に合った業者を選ぶことができます。遺品整理の相場を把握しておくことで、自身の予算や遺品の量や種類に合わせた料金設定を行う業者を選ぶことができます。予算を守りながら、適切な遺品整理を行うことができます。

さらに、相場を知ることで業者との交渉にも有利に働きます。相場を把握していると、業者との交渉の際に自信を持って要望や予算を伝えることができます。適正な料金で遺品整理を行いたい場合や、特定のサービスを利用したい場合には、相場を知ることが重要です。

東大和市での遺品整理を依頼する際には、相場を知るだけでなく、業者の信頼性や提供するサービス内容も確認することが大切です。口コミや評判を調べたり、複数の業者から見積もりを取ることで、全体の相場や適正な価格を判断することができます。

遺品整理をスムーズに進めたい場合は、相場を把握し、信頼できる業者を選ぶことが大切です。適正な価格で東大和市での遺品整理を行い、故人の思い出を尊重しながら遺品整理を進めましょう。

遺品整理を依頼する際の注意点

遺品整理を依頼する際に必要な注意点として以下の事項を確認しましょう。これを知ることで適切な業者選びに役立つはずです。

価格だけで業者を選ばない

遺品整理を依頼する際には、価格だけで業者を選ぶことは避けるべきです。安さだけに注目して業者を選んでしまうと、質の低いサービスや不適切な処理方法が行われる可能性があります。料金は重要な要素ですが、それだけで業者を決めるのは危険です。

遺品整理は故人の思い出や財産を扱う作業です。故人に対する敬意や尊厳を持ちながら、遺品を適切に整理し、処分することが求められます。業者選びにおいても、業者自身が故人に対して敬意を持ち、丁寧な作業や適切な処分方法を提供できるかが重要です。

遺品整理の業者選びでは、料金だけでなく、対応力や信頼性も考慮することが大切です。業者がどれだけ丁寧か、故人や遺族に寄り添っているかを確認しましょう。口コミや評判を調べることで、他のお客様の意見や体験を参考にすることもオススメです。

また、業者の実績や経験も重要な要素です。長年の経験がある業者は、敏速かつ適切な遺品整理を提供できる可能性が高いです。業者のウェブサイトやパンフレット、問い合わせ時に実績や経験について確認することができます。

最も重要なのは、自身が業者とのコミュニケーションを通じて安心感を得られるかどうかです。業者との対話や相談を通じて、信頼関係を築けるかどうかを確認しましょう。自身の要望や懸念をしっかりと伝えることで、適切な遺品整理が実現できるでしょう。

遺品整理を依頼する際には、価格だけでなく、業者の対応力や信頼性も重視しましょう。遺品整理は故人への敬意を持つ大切な作業ですので、適切な業者を選び、故人の思い出を大切に扱いながら遺品整理を進めましょう。

事前に見積もりを出してもらう

遺品整理を依頼する際には、事前に見積もりを出してもらうことが大切です。見積もりを出してもらうことで、不明確な料金請求を避けることができます。また、見積もりを通じて、遺品整理の費用が明確になり、作業がスムーズに進行するでしょう。

見積もりをもらう際には、できるだけ具体的な内容や作業範囲を伝えることが重要です。例えば、遺品の種類や量、不要品の処分方法などを事前に伝えると、より正確な見積もりができます。また、遺品整理の作業時間や必要なスタッフの人数などを確認することも重要です。

見積もりをもらう際には、複数の業者から見積もりを依頼することもおすすめです。複数の業者の見積もりを比較することで、適正な価格やサービス内容を判断できます。ただし、見積もりだけで業者を選ぶのではなく、信頼性や対応力も重視することを忘れないでください。

また、見積もりからは料金だけでなく、業者の対応やコミュニケーション能力も判断することができます。見積もりの提出までの対応の速さや丁寧さ、疑問や要望に対する迅速な回答などが、業者の信頼性や質を示す指標となります。

見積もりをもらうことで、遺品整理の費用や内容を明確にすることができます。遺品整理は一つ一つの作業に時間や労力がかかるため、見積もりを通じて作業の範囲や費用の詳細を把握しましょう。それにより、予算や要望に合った遺品整理が実現するでしょう。

遺品整理を依頼する際には、事前に見積もりを出してもらいましょう。複数の業者から見積もりを取り、価格やサービス内容を比較することで、適切な業者を選ぶことができます。見積もりの内容や対応に納得した上で、遺品整理を依頼しましょう。

遺品整理でよくある疑問

遺品整理に関する疑問をクリアにすることで、より適切な遺品整理が可能になります。以下でよくある質問に答えていきましょう。

遺品整理の依頼は生前でも可能?

はい、遺品整理の依頼は生前でも可能です。実際に、生前に自ら遺品整理を依頼する人もいます。なぜなら、自らが後世に負担をかけずに整理を終えたいという考え方もあるからです。

生前に遺品整理を依頼することのメリットはいくつかあります。まず、本人が自身の遺品を自分で整理することで、思い出に浸りながら遺品を整理することができます。自身が大切に思っている品物や家族にとっての宝物を手放すことなく、整理することができます。

また、生前に遺品整理を依頼することで、遺族に負担をかけずにすむという利点もあります。遺品整理は時間と労力を要する作業ですが、生前に依頼することで、遺族はその負担を軽減することができます。また、本人が整理することで、遺族が後から遺品整理に悩むことも防ぐことができます。

さらに、生前に遺品整理を依頼することで、整理の方法や処分についての指示を明確にすることもできます。故人自身が自分の遺品を整理することで、遺族に対して整理や処分方法についての具体的な指示を残すことができます。遺族はその指示に従いながら整理を進めることができるでしょう。

遺品整理の依頼は生前でも可能です。自身が後世に負担をかけずに整理を済ませたい場合や、思い出に浸りながら整理を進めたい場合には、生前に遺品整理を依頼することを考えてみてください。適切な業者との相談や打ち合わせを通じて、自身の要望に合った遺品整理を進めましょう。

遺品の中で不用品はどうなる?

遺品の中には、必ずしも全ての物が必要とは限りません。不要なものや使われていないものはどうするべきでしょうか。遺品整理では、遺品の中に含まれる不用品を適切に処分することが一般的です。

不用品の処分方法は、遺品の種類や状態によって異なります。まず、家族や親しい人に譲ることができるものがあれば、譲ることを検討してみましょう。特に、故人が大切に思っていた品物や家族にとっての思い出があるものは、大切にしたいと思うことがあります。

また、不用品を寄付することも選択肢の一つです。遺品の中には、他の人にとって役立つものや社会貢献に繋がるものもあるかもしれません。寄付によって、必要な人に喜びや助けを与えることができます。

さらに、不用品を販売することも考えられます。特に、高級品や貴重な品物は、転売することで一定の金額を得ることができるかもしれません。ただし、販売する際には市場価値や需要を考慮し、相応の価格設定を行うことが重要です。

もちろん、不用品を処分する場合もあります。不要なものや価値のないものは、適切な方法で処分する必要があります。ごみ回収やリサイクルセンターへの持ち込みなど、地域のルールに従いながら処分しましょう。

遺品の中には不用品も含まれることがありますが、遺品整理の一環として適切に処分する必要があります。適切な処分方法を選びながら、故人の遺志や思い出を尊重しつつ、整理を進めていきましょう。遺品整理の業者に相談することも一つの方法です。

遺品整理後の清掃について

遺品整理だけでなく、その後の遺品整理後の清掃についても不安を感じている方は多いです。ここで疑問を解消していきましょう。

遺品整理後の清掃は必要?

遺品整理を終えた後、遺品整理後の清掃は必要ですか?実際には、遺品整理後の清掃は必要な場合があります。遺品整理が終わった後でも、床や壁に汚れがついたり、家具や家電の後が残っていることがあるからです。

遺品整理後の清掃は、清潔な環境を保つために重要です。遺品整理作業中には、遺品の移動や処分作業などが行われるため、床や壁に汚れや傷がついてしまうことがあります。また、家具や家電が残っている場合には、そこにほこりや汚れが溜まっている可能性もあります。

遺品整理後の清掃を行うことで、スッキリとした空間を保つことができます。清掃をすることで、床や壁の汚れを取り除いたり、家具や家電の後をキレイにすることができます。これにより、新たな使い方や活動ができるような環境を整えることができます。

ただし、遺品整理後の清掃は、遺族自身が行うことが難しい場合もあります。作業に時間や労力が必要であり、特に大規模な遺品整理の場合には、専門の清掃業者に依頼することが選択肢の一つとなります。

遺品整理業者の中には、遺品整理後の清掃も対応してくれるところもあります。ただし、清掃には別途費用がかかる場合もありますので、事前に業者に確認しましょう。

遺品整理が終わった後は、遺品整理後の清掃を考慮することが重要です。適切な清掃を行うことで、整理が完了した空間を新たな目的に活用することができます。自身で行うか、専門の業者に依頼するかは個々の状況によって異なりますが、清潔な環境を保ちつつ、遺品整理を完了させましょう。

遺品整理業者は清掃も行ってくれる?

遺品整理業者によっては、遺品整理後の清掃も対応してくれる場合がありますが、清掃には別途費用が発生することが多いです。業者によっては基本料金に清掃料金が含まれている場合もありますが、明確に確認することが重要です。

遺品整理業者が清掃を行う場合、清掃の内容や範囲は業者ごとに異なります。基本的には、床や壁の掃除、家具や家電の拭き掃除、不要物の処分などが含まれることが一般的です。

しかし、遺品整理業者が清掃を行ってくれる場合でも、徹底的な掃除やクリーニングを期待することは難しい場合があります。遺品整理業者の主な業務は遺品の整理と処分であるため、清掃作業においてもプロフェッショナルな技術や設備が備わっているとは限りません。

そのため、遺品整理後の徹底的な清掃を希望する場合には、専門の清掃業者に依頼することを検討する方が良いでしょう。専門の清掃業者は、適切な掃除やクリーニングを行うための専門知識と設備を持ち合わせています。

遺品整理業者に清掃を依頼する場合や、別途清掃業者に依頼する場合には、料金や作業内容を事前に確認しましょう。清掃作業についての詳細や要望を伝えることで、適切な清掃が行われることが期待できます。

遺品整理後の清掃は、遺品整理業者に依頼する場合や専門の清掃業者に依頼する場合があります。それぞれの業者にクリーニングに関する料金や作業内容を確認し、遺品整理後の清掃を適切に行いましょう。

遺品整理のレポートについて

遺品整理の作業が終わった後にはレポートが発行されることがあります。このレポートには、どんな内容が含まれているのでしょうか。

遺品整理のレポートとは

遺品整理のレポートは、遺品整理の作業内容や処分した遺品の情報、作業時間などが詳細に記載されている文書です。遺品整理の業者が作成し、依頼者に提供されます。

遺品整理のレポートには、以下のような内容が含まれることがあります。まず、遺品整理の作業内容が明確に記載されています。どのような遺品が整理されたのか、どのような整理方法や処分方法が行われたのかが具体的に記されています。

また、遺品整理のレポートには、処分した遺品の情報も含まれます。具体的には、処分された遺品の種類や量、そしてどのような方法で処分されたのかが記載されています。これにより、依頼者は遺品の行方を把握することができます。

さらに、遺品整理のレポートには作業時間や人数などの情報も含まれます。遺品整理の作業にどれくらいの時間がかかり、どのくらいのスタッフが関わったのかが明示されています。これにより、遺品整理作業の透明性や信頼性を高めることができます。

遺品整理のレポートは、依頼者自身が遺品整理の作業内容や処分方法を把握するためにも役立ちます。遺品整理の完了後、レポートを確認することで、作業が適切に行われたかどうか、遺品の行方や処分方法が適切であるかを確認することができます。

遺品整理のレポートは、作業の透明性や依頼者の納得感をもたらす重要な文書です。依頼者が作業の内容や処分方法に疑問や不安を抱くことなく、遺品整理の進行状況を把握できるよう、しっかりとしたレポートが提供されることが望まれます。

レポートがもたらすメリット

遺品整理のレポートは、依頼者にとってさまざまなメリットをもたらします。以下に、レポートがもたらす主なメリットをご説明いたします。

まず一つ目のメリットは、作業の透明性が高まることです。遺品整理のレポートには、作業の内容や処分方法、作業時間などが詳細に記載されています。これにより、依頼者は遺品整理の作業の進行状況や適切な処理が行われたかどうかを把握することができます。作業の透明性が高まることで、依頼者は遺品整理の適切な進行を確認し、不安や疑問を解消することができます。

二つ目のメリットは、遺品の処分や行方に関する情報を確認できることです。遺品整理のレポートには、処分された遺品の種類や量、具体的な処分方法が記載されています。依頼者はレポートを通じて、遺品の行方を把握することができ、遺品が適切に処理されたかを確認することができます。これにより、遺品にまつわる悩みや不安を解消することができます。

最後に、遺品整理のレポートは、依頼者と業者との信頼関係を築くことにも役立ちます。レポートが提供されることで、業者が作業の透明性や信頼性を示し、依頼者は遺品整理の進行状況を把握できます。依頼者は、遺品整理の業者に対して信頼を持ち、作業に安心感を抱くことができます。

遺品整理のレポートが提供されることは、依頼者にとって多くのメリットをもたらします。作業の透明性が高まり、遺品の処分や行方に関する情報を確認できることで、不安や疑問を解消し、信頼関係を築くことができます。遺品整理の業者とのコミュニケーションを通じ、満足のいく遺品整理を進めましょう。

遺品整理に関する事例紹介

実際の遺品整理の事例を紹介します。これらの事例を参考にすることで、遺品整理の理解が深まります。

事例1:大規模な遺品整理

事例1:大規模な遺品整理

大規模な遺品整理では、広い家や大量の遺品がある場合に、遺品整理は相当な時間と労力を必要とします。このような場合、専門の業者に依頼することで、労力を削減し、迅速に整理を進めることができます。

大規模な遺品整理では、まずは作業場所の確保が重要となります。広い家や複数の部屋に遺品が散らばっている場合には、作業スペースを適切に設けることが必要です。また、大量の遺品を分別・整理する必要があるため、整理の作業フローをスムーズに進めることも重要です。

さらに、大規模な遺品整理では、作業の計画と組織化が重要です。作業に参加するスタッフの人数やスケジュールを適切に計画し、調整する必要があります。適切な計画と組織化により、効率的に作業を進めることができます。

また、大量の遺品を処分する場合には、適切な方法やルートを選ぶことも重要です。遺品の中には価値のある品物や貴重な品物が含まれているかもしれませんので、それらの適切な処分方法や販売方法も検討する必要があります。

大規模な遺品整理では、多くの作業や調整が必要ですが、専門の業者に依頼することで労力を削減し、迅速に整理を進めることができます。大量の遺品をスムーズに整理して適切に処分することで、故人の思い出を大切にしながら、遺品整理を進めましょう。

事例2:遺品に見つかった貴重品

事例2:遺品に見つかった貴重品

遺品整理の中には、見落としがちな貴重品が含まれていることも少なくありません。遺品に含まれる貴重品の取り扱いは慎重に行われるべきです。遺品整理業者に依頼することで、価値を見極めながら適切に処分を行ってもらうことができます。

遺品整理中に貴重品が見つかった場合、まずはその品物の価値を確認することが重要です。貴重品の中には家族にとっての思い出や大切な財産が含まれていることもあります。専門家や鑑定士と協力して、その品物の価値や適切な取り扱い方法を見極めましょう。

遺品整理業者による貴重品の処分では、適切な方法に基づいて貴重品を処分してもらうことができます。例えば、貴重なアンティーク品やジュエリーなどは、専門の販売業者に売却することで適切な価格を得ることができます。また、遺族の願いや遺産の一部として保存したい場合には、適切な保管方法を提案してもらうことも可能です。

貴重品の取り扱いには慎重さが求められます。遺品整理業者に依頼することで、専門知識や経験を持つプロが貴重品を適切に評価し、適切な処分方法を提案してくれます。貴重品の価値を最大限に生かしながら、故人の思い出を尊重し、適切な処分を行いましょう。

遺品整理の中に貴重品が見つかった場合、その価値を見極めるために専門家や鑑定士の助けを借りることが重要です。遺品整理業者に依頼することで、適切な処分方法や買取業者を紹介してもらうことも可能です。大切な財産を適切に処分し、遺品整理を進めましょう。

まとめ

遺品整理は故人を想う大切な作業です。適切な業者選びと作業の進行を理解することで、スムーズに遺品整理を行うことができます。

遺品整理を円滑に進めるために

遺品整理を円滑に進めるためには、以下のポイントに注意することが重要です。

まず一つ目は、事前に適切な知識を身につけることです。遺品整理には、整理の手順や処分方法など、一定の知識が要求されます。遺品整理の基本的な知識を学び、遺品整理の流れやポイントを理解しましょう。

二つ目のポイントは、相場をチェックすることです。東大和市での遺品整理の相場を把握し、適正な価格で業者を選ぶことが大切です。異なる業者の料金やサービス内容を比較し、バランスの取れた選択をすることが求められます。

また、事前に業者に見積もりを出してもらいましょう。見積もりをもらうことで、遺品整理の費用が明確になり、予算の管理がしやすくなります。見積もりをもらう際には、具体的な作業内容や必要なスタッフの人数、作業の所要時間などを伝えることが重要です。

さらに、遺品整理の業者とのコミュニケーションは欠かせません。自分の要望や疑問をしっかり伝え、業者との相互理解を図りましょう。遺品整理のプロセスや進捗状況に対して適切な報告を受けることで、安心感を得られるでしょう。

遺品整理を円滑に進めるためには、事前の知識、相場の把握、見積もりの取得、そして業者との十分なコミュニケーションが重要です。遺品整理は故人の思い出や財産に関わる作業であり、丁寧かつ適切に進めることが求められます。適正な価格で遺品整理を行いながら、故人の思い出を大切に整理を進めましょう。

おわりに

遺品整理は適切な知識と準備があればスムーズに進めることができます。東大和市での遺品整理の相場を把握し、適正な価格で業者を選ぶことを忘れずに行いましょう。また、事前に見積もりを出してもらい、予算を管理することも大切です。業者との適切なコミュニケーションも重要です。遺品整理は故人を思う大切な作業です。遺品を整理することで、故人への敬意や尊厳を保ちつつ、次の生活に移りやすくすることができます。お読みいただきありがとうございました。

東京都東大和市
内のエリア紹介
  • 高木
  • 高木一丁目
  • 高木二丁目
  • 高木三丁目
  • 芋窪
  • 芋窪一丁目
  • 芋窪二丁目
  • 芋窪三丁目
  • 芋窪四丁目
  • 芋窪五丁目
  • 芋窪六丁目
  • 清水
  • 清水一丁目
  • 清水二丁目
  • 清水三丁目
  • 清水四丁目
  • 清水五丁目
  • 清水六丁目
  • 奈良橋
  • 奈良橋一丁目
  • 奈良橋二丁目
  • 奈良橋三丁目
  • 奈良橋四丁目
  • 奈良橋五丁目
  • 奈良橋六丁目
  • 狭山
  • 狭山一丁目
  • 狭山二丁目
  • 狭山三丁目
  • 狭山四丁目
  • 狭山五丁目
  • 蔵敷
  • 蔵敷一丁目
  • 蔵敷二丁目
  • 蔵敷三丁目
  • 南街
  • 南街一丁目
  • 南街二丁目
  • 南街三丁目
  • 南街四丁目
  • 南街五丁目
  • 南街六丁目
  • 向原
  • 向原一丁目
  • 向原二丁目
  • 向原三丁目
  • 向原四丁目
  • 向原五丁目
  • 向原六丁目
  • 新堀
  • 新堀一丁目
  • 新堀二丁目
  • 新堀三丁目
  • 桜が丘
  • 桜が丘一丁目
  • 桜が丘二丁目
  • 桜が丘三丁目
  • 桜が丘四丁目
  • 上北台
  • 上北台一丁目
  • 上北台二丁目
  • 上北台三丁目
  • 清原
  • 清原一丁目
  • 清原二丁目
  • 清原三丁目
  • 清原四丁目
  • 仲原
  • 仲原一丁目
  • 仲原二丁目
  • 仲原三丁目
  • 仲原四丁目
  • 中央
  • 中央一丁目
  • 中央二丁目
  • 中央三丁目
  • 中央四丁目
  • 立野
  • 立野一丁目
  • 立野二丁目
  • 立野三丁目
  • 立野四丁目
  • 多摩湖
  • 多摩湖一丁目
  • 多摩湖二丁目
  • 多摩湖三丁目
  • 多摩湖四丁目
  • 多摩湖五丁目
  • 多摩湖六丁目
  • 湖畔
  • 湖畔一丁目
  • 湖畔二丁目
  • 湖畔三丁目
  • 東大和市
  • 桜街道
  • 上北台
東京都東大和市近隣のエリア紹介
  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 青梅市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 町田市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市
  • 多摩市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 瑞穂町
  • 日の出町
  • 檜原村
  • 奥多摩町
  • 大島町
  • 新島村
  • 三宅村
  • 八丈町
  • 青ヶ島村
  • 小笠原村
エコマッスル
エコマッスル
お客様の代わりに不用品やゴミの処理を行い、快適ですっきりとした空間に整えます。拠点を東大和にした業務では、遺品整理や引越しに伴う大規模な片付けにも対応し、安心できるサービス提供を目指しております。
エコマッスル

〒207-0021

東京都東大和市立野2-15-1