遺品整理を始める前に知っておきたい、稲城市の手続きとサービス

query_builder 2024/04/20 遺品整理 東京
この記事では、遺品整理にまつわる基本的な知識と、稲城市での適切な手続きや利用できるサービスについて解説します。遺品整理をご自身で行う方や、専門業者に委託を考えている方が安心して進められるように、これから遺品整理を行う方に向けた情報を提供します。
エコマッスル
エコマッスル
お客様の代わりに不用品やゴミの処理を行い、快適ですっきりとした空間に整えます。拠点を東大和にした業務では、遺品整理や引越しに伴う大規模な片付けにも対応し、安心できるサービス提供を目指しております。
エコマッスル
住所:

〒207-0021

東京都東大和市立野2-15-1

電話番号:
0120-236-259

遺品整理の基本知識

まず、遺品整理を行うための基本的な知識を理解しましょう。整理の大切さや、手続きの流れの概要を見ていきます。

遺品整理の重要性

遺品整理は、稲城市で行われる大切な作業です。故人の想い出や人生の一片が詰まった遺品を整理することは、遺族にとって心の整理をする一歩となります。辛い作業かもしれませんが、遺品整理を通じて故人との絆を感じ、新たなスタートを切ることができるのです。

遺品整理の重要性は、故人を偲ぶだけでなく、遺族自身の心のケアにも関わっています。故人が大事にしていた品物を整理することで、故人との思い出や想いがより深く心に刻まれるのです。遺品整理を通じて、故人が持っていた価値観や趣味を再確認し、故人との繋がりを感じることができます。

また、遺品整理は新たな生活を始めるための一歩でもあります。整理された空間は心のリセットにもなり、遺族自身の心身の健康を保つことにもつながります。遺品整理を通じて、遺族は故人の思いに寄り添いながら、自身の人生を見つめ直していくのです。

稲城市で遺品整理を行う際には、故人への感謝と敬意を持ちながら取り組むことが重要です。遺品を整理することで、故人との関係を深め、遺族が人生の新たな章を刻み始めるきっかけとなるのです。遺品整理は故人への最後のお別れの場でもあり、遺族自身の成長や前進への一歩ともなるのです。

遺品整理に取り組む際には、稲城市の情報やサービスを上手に利用することもおすすめです。市のウェブサイトには遺品整理に関する情報が掲載されていますので、そちらを参考に手続きやルールを確認してみましょう。適切な手続きとサービスを利用することで、遺品整理をよりスムーズに進めることができるのです。

遺品整理の流れ

遺品整理を始める前に、稲城市での遺品整理の流れを把握しておきましょう。遺品整理は時間と手間のかかる作業ですが、順を追って進めることでスムーズに整理を進めることができます。

まずは遺品を分けるための場所を確保しましょう。故人の住宅や部屋の中にある遺品を整理する際には、整理スペースを確保しておくことが重要です。適切なスペースを設けることで、遺品を一時的に保管したり、整理しやすくすることができます。

遺品を整理する際には、貴重品や思い出の品を残すことを考えましょう。故人が大切にされた品や、遺族にとって特別な思い出の品には、敬意を持って取り扱うことが大切です。その他の品物については、順次処分していきます。不要なものを適切に処分することで、整理された空間を作り上げることができます。

遺品整理の際には、片付けや清掃もお忘れなく行いましょう。故人の住宅や部屋をきれいに整理することで、新たなスタートを切るための準備が整います。整理が終わった後には、その場所を清潔に保つことも重要です。適切な清掃を行い、清潔な環境を保つことで、気持ちよく新たな生活を始めることができます。

遺品整理は時間と手間がかかる作業ですが、専門業者の利用を検討することも一つの選択肢です。稲城市には遺品整理をサポートする業者が数多く存在し、遺品整理のプロならではの効率的な作業やアドバイスを受けることができます。自身で遺品整理を行う場合でも、業者の方法やノウハウを参考にすることで、より効果的な整理作業ができるかもしれません。

遺品整理は故人への最後のサービスの一つでもあります。故人の想いを受け継ぎながら、遺品整理を進めることで、故人とのつながりを感じることができます。遺品整理を通じて心の整理をし、稲城市で新たな一歩を踏み出しましょう。

稲城市での遺品整理

ここでは、稲城市での遺品整理について、手続きや利用できるサービスについて解説します。

稲城市の手続き

遺品整理を稲城市で行う際には、特定の手続きが必要です。適切な手続きを行うことで、遺品整理をスムーズに進めることができます。以下の手続きについて理解しておきましょう。

まず、稲城市のウェブサイトを確認しましょう。稲城市では、廃棄物の処理ルールや特殊清掃に関する情報をウェブサイトで確認することができます。遺品整理に関する詳細な情報や手続きについて、市のウェブサイトを参考にしましょう。

遺品整理の際には、廃棄物の処理方法に注意が必要です。稲城市では、廃棄物の分別や回収方法についてルールが設けられています。市が指定するごみ袋や行政指導に従い、正しい廃棄物の処理を行いましょう。遺品整理に際して発生するごみについては、市のルールに則って処理しましょう。

また、特殊清掃についても理解しておくことが重要です。稲城市では、特殊清掃として遺品整理に関連する業務を行う業者の登録制度があります。市のウェブサイトで登録業者の情報を確認し、遺品整理を行う際には登録業者を利用することも検討しましょう。

特殊清掃業者を利用する場合、事前の相談や見積もりの依頼も行えます。業者によっては、無料で見積もりを行ってくれる場合もありますので、複数の業者を比較して最適な選択をすることができます。手続きや料金については、それぞれの業者に直接問い合わせるか、市のウェブサイトで確認しましょう。

遺品整理を稲城市で行う際には、適切な手続きを行い、市のルールに従って進めることが大切です。ウェブサイトや登録業者の情報を活用することで、より効果的な遺品整理ができます。安心して遺品整理を進めるために、稲城市の手続きについて事前に確認しておきましょう。

稲城市のサービス

稲城市では、遺品整理をサポートするさまざまなサービスが提供されています。遺品整理を自分で行うか、専門の業者に依頼するかにかかわらず、稲城市のサービスを活用することでより効果的な整理作業を進めることができます。

まず、稲城市では遺品整理業者の情報を提供しています。市のウェブサイトや相談窓口で、地域内の遺品整理業者の一覧や連絡先を確認することができます。遺品整理業者はプロの技術と経験を持っており、効率的な整理作業やアドバイスを提供してくれます。業者の評判や口コミも情報収集の一つとして活用しましょう。

稲城市では、遺品整理に関する相談窓口も設けられています。遺品整理に関して疑問や悩みがある場合、相談窓口に問い合わせることで適切なアドバイスや情報を得ることができます。専門のスタッフが丁寧に対応してくれるため、安心して相談することができます。

さらに、稲城市では遺品整理に関するセミナーや講座も開催されています。遺品整理に関する基礎知識や実践的な方法について学ぶことができ、自身の整理作業の参考になるでしょう。また、他の参加者との交流を通じて、情報やアイデアを共有することも可能です。

遺品整理を進める際には、稲城市のサービスを積極的に活用することがおすすめです。ウェブサイトや相談窓口からの情報収集や、セミナーや講座への参加を通じて、より適切な手続きや効果的な整理方法を学ぶことができます。遺品整理に関する知識やサポートを得ることで、遺品整理を安心して進めることができるのです。

生前整理との関連性

遺品整理と生前整理は密接に関わっています。亡くなる前に整理をすると、遺族の負担を軽減できます。

生前整理の意義

生前整理は、遺品整理と密接に関わっている重要な概念です。自分自身の生活を整理することは、遺族にとっても大きな負担を軽減する助けとなります。生前整理の意義について考えてみましょう。

生前整理を行うことには、さまざまな意義があります。まず一つ目は、自分の身の回りを整理することで、心身のストレスを軽減できる点です。不要な物や不必要なものを整理し、生活空間をスッキリさせることで、心地よい環境を作り出すことができます。整理された環境は、心にもゆとりをもたらし、心身の健康をサポートするのです。

また、生前整理は、遺族への負担を軽減する一助となります。遺品整理は遺族にとって大きな作業ですが、故人が生前に整理をしておけば、遺族は整理作業の負担を大幅に軽減することができます。自分のものを整理し、不要なものを処分することで、遺族には整理する必要がなくなるため、精神的な負担も軽減されるのです。

さらに、生前整理は自分自身の意志を反映させることができる点でも意義があります。自分の大切なものや思い出の品を整理し、残すものと処分するものを自分自身で決めることで、後々の遺族の間違いのない遺品整理をサポートすることができます。自分自身が整理を行い、大切なものだけを残すことで、遺品整理の意図を明確に伝えることができるのです。

生前整理の意義は、自分自身の心の整理と遺族への負担軽減だけではありません。整理を通じて、自分自身の人生を振り返り、今後の人生に向けた気持ちを新たにすることもできます。整理した結果、整理された空間や心は、新たな一歩を踏み出すための土台となるでしょう。

生前整理は、遺品整理とは切っても切り離せない関係にあります。自分自身の生活を整理することで、遺族にとっての負担を軽減し、故人との絆を深めることができるのです。生前整理を通じて、自分自身の人生に対する意識を高め、遺品整理の意義を深く理解しましょう。

生前整理の始め方

生前整理を始めるには、具体的な方法や手順を確立することが重要です。以下に生前整理を始めるための一般的な手法について説明します。

生前整理を始めるには、まず自分の持ち物をカテゴリー分けしましょう。衣類、書類、家具など、自分の生活に関わるアイテムをグループに分けて整理します。この段階では、それぞれのアイテムが自分にとって必要なものかどうかを考え、不必要なものを見極めることが目的です。

次に、不必要なものを処分するか保管するかを決めましょう。不必要なものを処分する場合は、リサイクルや寄付、廃棄物処理などの方法を考えます。一方、保管するものは整理のための保管場所を設け、整理のルールを定めて保管します。大切な思い出の品や未来に必要と思われるものは、遺品整理を行う際に遺族と相談しながら保管することができます。

生前整理を進める際には、時間をかけてじっくりと取り組むことが重要です。一度に全ての持ち物を整理するのではなく、少しずつ進めていくことで負担を軽減できます。また、資料や情報を集めることも効果的です。生前整理に関する本やウェブサイト、セミナーなどから情報を収集し、整理のノウハウやアイデアを得ることができます。

最後に、生前整理を進める際には自分の意思を大切にしましょう。他人の意見や期待に左右されず、自分自身のライフスタイルや価値観に合わせて整理を進めることが大切です。自分の持ち物に対して一つひとつ向き合い、自分らしい生活を追求することで、生前整理の効果を最大限に生かすことができるのです。

生前整理は、自分自身の生活を整理するための重要な取り組みです。持ち物の整理や処分、保管に関する具体的な方法を確立し、自分自身の意思を反映させながら進めていきましょう。生前整理を通じて、自分自身の人生を見つめ直し、整理された状態で新たな一歩を踏み出すことができるのです。

安心できる業者の選び方

遺品整理は感情的に辛さを伴う作業です。そのため、専門業者に依頼する方が多いのですが、業者選びには注意が必要です。

信頼できる業者とは

遺品整理業者を選ぶ際には、「信頼できる業者」を選ぶことが重要です。信頼できる業者とは、どのような特徴を持っているのでしょうか。以下に、信頼できる業者のポイントをご紹介します。

まず一つ目のポイントは、明確な料金体系を持っていることです。信頼できる業者は、遺品整理の作業内容や料金について明確な説明をしてくれます。サービスの内容や料金の詳細を質問しても、丁寧に説明してくれる業者を選ぶことが大切です。隠れた追加料金や不透明な請求に注意しましょう。

二つ目のポイントは、事前の打ち合わせをしっかり行い、顧客の意向を尊重する姿勢を持っていることです。信頼できる業者は、遺品整理の前にしっかりと打ち合わせを行い、遺族の要望やニーズを把握しようと努めます。業者と遺族のコミュニケーションが円滑に行われ、遺族が納得した上で作業を進めることができます。

また、口コミや評判も信頼度の一つの指標となります。信頼できる業者は、多くのお客様から良い評価や口コミを得ていることが多いです。遺品整理の実績やお客様の声を調べることで、業者の信頼性を確認することができます。また、遺族の立場や想いに寄り添って作業を行う姿勢も重要なポイントとなります。

信頼できる業者を選ぶためには、サービス内容や料金体系を比較検討することも大切です。複数の業者の見積もりを取り、内容や料金を比較することで最適な業者を選ぶことができます。また、業者のウェブサイトや「よくある質問」のページを参考にすることで、業者がどのような考えを持っているかを把握することもできるでしょう。

信頼できる業者を選ぶことは、遺品整理作業の安心感や満足度に直結します。明確な料金体系や打ち合わせの丁寧さ、口コミや評判などを考慮し、信頼できる業者を見極めましょう。

選び方のポイント

遺品整理業者を選ぶ際のポイントを考えてみましょう。信頼できる業者を選ぶためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

まず一つ目のポイントは、口コミや評判をチェックすることです。他のお客様からの評価や体験談を参考にすることで、業者の信頼性やサービスの品質を把握することができます。インターネットやSNSなどで口コミを検索するか、業者のウェブサイトに掲載されているお客様の声を確認しましょう。

二つ目のポイントは、料金体系や見積もりについてです。信頼できる業者は、明確な料金体系を持っており、作業内容に応じた適切な見積もりを提供してくれます。複数の業者の見積もりを比較し、料金やサービス内容を細かく確認しましょう。追加料金や隠れた費用がないかも注目して確認しましょう。

また、業者のウェブサイトや資料、お問い合わせ時の対応も重要な要素です。信頼できる業者は、詳細な情報を提供し、お客様の疑問や要望に丁寧に対応します。ウェブサイトの内容やお問い合わせへの迅速な対応、親身なアドバイスなどは、業者の信頼性を判断する上で重要なポイントとなります。

最後に、業者の過去の実績や経験もチェックしましょう。長年にわたって遺品整理の実績を積んできた業者は、信頼性が高い可能性があります。過去の事例や業務の範囲、顧客の満足度などを確認し、業者がどれだけの経験と知識を持っているかを把握しましょう。

遺品整理業者を選ぶ際には、口コミや評判、料金体系、業者の対応や実績などを総合的に考慮することが重要です。複数の業者を比較し、自身のニーズや要望に合った信頼できる業者を見極めることが、遺品整理作業を安心して進めるためのポイントとなるでしょう。

気を付けるべきこと

遺品整理の際、注意すべきポイントをいくつか挙げておきます。

大切な品の確認

遺品整理を行う際、大切な品を見逃さないようにするためには、注意が必要です。大切な品の確認を遺品整理の重要なステップとして考えてみましょう。

まず、遺品整理を始める前に、遺品を一つ一つ丁寧に確認しましょう。故人が大切にしていた品物や思い出の品は、見落とさないように注意深くチェックすることが大切です。写真、手紙、記念品など、故人との特別な思い出が詰まった品物を遺さないように注意しましょう。

遺品を確認する際には、遺族全員で共有しましょう。兄弟姉妹や親族と共に遺品整理の作業を進めることで、遺族の意見を尊重しながら大切な品を見逃さないようにすることができます。また、誰がどの品を保管するかを決めるためにも、遺族間で相談を行うことが重要です。

大切な品を見出す際には、思い出の場所や隠れた場所に注意を払いましょう。故人が特に愛着を持っていた場所や物の周囲には、思い出の品が隠されていることが多いです。引き出しや押し入れ、紙袋など、普段は目に付かない場所もチェックしましょう。

遺品整理の際には、思い出の品だけでなく貴重品にも注意を払いましょう。財布、指輪、アクセサリーなど、価値のある品物は見逃さずに保管する必要があります。必要なものと一緒に整理していくことで、大切な品を遺すことなく整理作業を進めることができます。

大切な品の確認は、遺品整理の過程で特に重要なステップです。故人との思い出が詰まった品物を見逃さずに確認し、遺族全員で共有しましょう。思い出の品や貴重品を丁寧に取り扱い、遺族の意思を尊重しながら整理を進めることで、故人への思いを大切にした遺品整理ができるのです。

身体への負担

遺品整理作業は、身体的な負担を伴うことがあります。作業中に起こりうる身体への負担に注意しながら、適切な対策を取りましょう。

まず、遺品整理作業では重い物を扱うことが多いため、腰や背中への負担が大きいです。適度な姿勢を保ち、腰に負担がかかりすぎないように注意しましょう。また、運ぶ際は体の力を使い、無理なく力を分散させるようにしましょう。必要であれば、身体を守るために腰サポーターや手袋を使用することもおすすめです。

作業中の休憩も大切です。長時間の作業は身体への負担を増やすことがありますので、こまめに休憩を取りましょう。適度な休息を取ることで、疲れを蓄積せずに作業を続けることができます。また、水分補給もお忘れなく。十分な水分を摂ることで、身体の疲労回復に役立ちます。

作業中には段ボール箱や家具の角などにぶつかる可能性がありますので、注意が必要です。ケガをしないように、周囲の障害物に気をつけながら作業を進めましょう。また、ゴミ袋の取り扱いにも注意しましょう。ガラスや鋭利なものが入っている場合には、ケガをしないように十分に注意しましょう。

遺品整理作業は時間と体力を要する作業ですが、適度な休憩や姿勢の正しい保持など、身体への負担を軽減する対策を行うことで、作業をより安全に進めることができます。自身の体調や限界を見極め、無理をしないようにしましょう。身体に負担をかけることなく、安全かつ効率的に遺品整理を進めることが大切です。

遺品整理後の対策

遺品整理が終わった後、不用品が再び増えるのを防ぐための対策や、ここから始める新たな生活について解説します。

不用品の増加を防ぐ対策

遺品整理が終わった後、再び不用品が増えることを防ぐためには、適切な対策を講じる必要があります。以下に不用品の増加を防ぐための対策をご紹介します。

まず一つ目の対策は、定期的な整理を行うことです。遺品整理が終わった後も、定期的に物を見直し、必要なものだけを保持するようにしましょう。定期的な整理をすることで、不要な品物が増えず、スッキリとした空間を保つことができます。

二つ目の対策は、必要な量を保つことです。何か新しい物を購入する際には、それが本当に必要なものかどうかを考えるようにしましょう。物を増やさないことで、整理やストレージの負担を軽減することができます。購入する際には、冷静な判断を心がけましょう。

また、不要なものを処分する際には、適切な方法を選ぶことが重要です。リサイクル、寄付、オークションなど、適切な方法によって不用品を処分しましょう。ただし、捨てるべきものを捨てることも大切です。物を溜め込むことで心理的な負担が増す場合もありますので、必要のないものは適切に処分しましょう。

さらに、物の管理や収納方法にも工夫を凝らしてみましょう。整理された収納スペースを作り、物の位置や分類を明確にすることで、不用品が増えるリスクを軽減することができます。必要な物がすぐに見つかる環境を整えることで、不要な物を買わずに済む可能性が高まります。

不用品の増加を防ぐためには、定期的な整理や物の購入の見直し、適切な処分方法の選択、整理整頓の習慣化など、さまざまな対策が必要です。物の管理や整理を意識することで、整理された環境を保ち、不用品の増加を防ぐことができます。

新たな生活の始め方

遺品整理が終わった後は、新たな生活の始まりを迎えることができます。整理された状態で新たな一歩を踏み出すために、以下のポイントに留意しましょう。

まず、自分自身のライフスタイルを見つめ直しましょう。遺品整理を通じて整理された空間を活かし、新たな生活のスタイルや目標を考えることが重要です。整理された空間は新たなアイデアや変化を取り入れるチャンスでもありますので、自分自身のニーズや好みを再確認しましょう。

次に、必要のないものを手放すことが大切です。遺品整理が終わった後も、不要なものが増えてしまうと再度の整理作業が必要になってしまいます。定期的な不用品のチェックや無駄な物の購入を避けることで、スッキリとした状態を保ちながら新たな生活を始めることができます。

また、新しい趣味や興味を見つけることもおすすめです。整理された空間や時間を有効活用し、新たな楽しみや学びを見つけることで、充実した生活を送ることができます。自分自身の成長や発展を促すきっかけとして、新しい挑戦に積極的に取り組んでみましょう。

さらに、身の回りの整理や整頓の習慣を守ることも大切です。整理された状態を維持することで、新たな生活の始まりをよりスムーズにすることができます。日々の整理や収納の習慣を身につけることで、物事を整理できるメンタルな面でも新たな一歩を踏み出すことができるでしょう。

遺品整理が終わった後は、整理された状態を大切にしながら、新しい生活を始めることができます。自分自身のニーズや目標を考え、必要のないものを手放すことで、より充実した生活を送ることができるでしょう。整理された環境を活かし、新たなチャレンジや変化に積極的に取り組むことで、今後の人生を前向きに切り拓いていきましょう。

まとめ

遺品整理は心苦しい作業ですが、これを機に自分の人生を見つめ直し、新たな一歩を踏み出すきっかけとなります。

遺品整理の取り組み

遺品整理は故人を偲びつつ、遺品に対して丁寧に向き合う大切な時間です。遺品の整理を進めることで、故人の思い出や遺された想いに寄り添いながら、遺族自身も人生の一歩を踏み出すことができます。遺品整理は故人への最後のお別れの場でもあり、新たな始まりの場でもあります。遺品整理には時間と心の余裕が必要ですが、故人への感謝と敬意を持ちながら取り組むことで、整理作業がより意味のあるものとなることでしょう。

安心できる遺品整理

遺品整理を進める際には、地方自治体のルールを理解し、専門業者のサポートを上手に活用することが安心できる遺品整理のポイントです。地方自治体のウェブサイトや相談窓口を通じて、遺品整理に関する情報や手続きについて確認しましょう。また、遺品整理業者の選び方や口コミ、評判などをチェックし、信頼できる業者を選ぶことも重要です。業者との事前の打ち合わせを通じて、自身のニーズや要望を伝えることが安心した遺品整理を進めるポイントとなります。安心して遺品整理を進めるためには、地方自治体のルールを守り、信頼できる業者のサービスを利用することで、精神的な負担を軽減しましょう。適切な手続きとサービスを利用することで、遺品整理を安心して進めることができます。

最後に

遺品整理はあくまで手段であり、大切なのは故人への想いを大切にし続けることです。

故人への想いを大切に

遺品整理を進める際、故人への想いを大切にすることが大切です。遺品には故人の思い出や人生の一片が詰まっています。大切なのは、物を整理することではなく、故人の思いを大切にし続けることです。遺品整理を通じて、故人が残してくれた思い出や価値を感じ、心に留め続けることが大切です。

故人の遺品は、その人自身が生きた証です。物には故人の想いや人となりが宿っています。遺品を整理することで、故人とのつながりを感じ、時間を共有できる貴重な機会となります。物の整理だけではなく、故人との思い出や価値を引き継いでいくことが、遺品整理の真の目的です。

また、遺品整理を通じて故人への感謝や敬意を忘れないことも大切です。故人が遺した品々に対して感謝の気持ちを持ちながら整理することで、故人への最後のサービスを行うことができます。大切なのは物を整理するだけでなく、故人への感謝と敬意を忘れずに心を込めて作業を進めることです。

遺品整理を通じて、人生の終わりと新たな始まりを身近に感じることができます。遺品整理は故人を偲びつつ、新たな一歩を踏み出すきっかけとなります。大切なのは、故人への思いを大切にし続けることであり、遺品整理を通じて故人の想いを引き継いでいくことです。深く感謝し、故人を偲びながら、新たな人生を前向きに歩んでいきましょう。

人生の一部として

遺品整理は、人生の終わりと新たな始まりを感じることのできる一部となります。遺品整理を通じて、故人とのつながりを感じ、故人の思い出や人生に対する意味を深く理解することができます。遺品整理は単なる作業ではなく、故人との絆を継続し、その人生を大切に思い続けることです。

遺品整理を通じて、人生の一部を整理することで、自身の人生に対する意識を高めることができます。自分自身の生活を見つめ直し、遺品整理を通じてときめきや新たな目標を見つけるきっかけとなるのです。遺品整理は遺族自身の成長や前進につながる、人生の重要な一部です。

遺品整理を通じて得られる教訓や経験は、人生の財産となります。故人が生前に受け取った人生の教訓や価値観を受け継ぎながら、自分自身の人生を豊かにしていくことができるでしょう。遺品整理は、故人との繋がりを保ちながら、自身の人生を謙虚に見つめ直す機会を提供してくれるのです。

遺品整理は終わりではなく、新たな始まりの一部です。故人への感謝と敬意を忘れずに、整理された状態で新たな人生の一歩を踏み出しましょう。遺品整理を通じて故人の思いを引き継ぎ、故人が遺した想いや人生の価値を大切にしながら、自身の人生をより豊かにしていきましょう。

東京都稲城市
内のエリア紹介
  • 大丸
  • 百村
  • 向陽台
  • 向陽台一丁目
  • 向陽台二丁目
  • 向陽台三丁目
  • 向陽台四丁目
  • 向陽台五丁目
  • 向陽台六丁目
  • 平尾
  • 平尾一丁目
  • 平尾二丁目
  • 平尾三丁目
  • 平尾四丁目
  • 東長沼
  • 坂浜
  • 矢野口
  • 押立
  • 若葉台
  • 若葉台一丁目
  • 若葉台二丁目
  • 若葉台三丁目
  • 若葉台四丁目
  • 長峰
  • 長峰一丁目
  • 長峰二丁目
  • 長峰三丁目
  • 矢野口
  • 稲城長沼
  • 南多摩
  • 京王よみうりランド
  • 稲城
東京都稲城市近隣のエリア紹介
  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 青梅市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 町田市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市
  • 多摩市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 瑞穂町
  • 日の出町
  • 檜原村
  • 奥多摩町
  • 大島町
  • 新島村
  • 三宅村
  • 八丈町
  • 青ヶ島村
  • 小笠原村
エコマッスル
エコマッスル
お客様の代わりに不用品やゴミの処理を行い、快適ですっきりとした空間に整えます。拠点を東大和にした業務では、遺品整理や引越しに伴う大規模な片付けにも対応し、安心できるサービス提供を目指しております。
エコマッスル

〒207-0021

東京都東大和市立野2-15-1